2017-09-12

『飛ぶ魚』ミニアコーディオン絵本WS

一昨日の ギャラリー・カフェ 飛ぶ魚での『アコーディオン絵本を作ろう!』WSには、たくさんの方々がご参加下さいました。

不手際な私を皆さんが助けてくれて、それぞれ短時間に発想豊かで素敵な絵本を作りあげ、感動しました!

時間が足りなくなるくらい、皆さん熱心に取り組んでくれました。

久しぶりにお会いできた方々、時間差で会えなかった旧友、初めてお会いした方々にも

感謝で胸が一杯。

本当にありがとうございました!

次は9月23日に在廊いたします。

どうぞよろしくお願いします。


小田原から図書研究の方々もご参加下さいました!絵本や童話への愛や熱意が伝わってきました。
子どもの本に携わる(福音館のお仕事のきっかけ)初めてのお仕事を下さった母の友の元編集者 石田明子さんや
『わにわにくんのおふろ』の小風さちさんもお越し下さいました。
さちさんとは初対面で あまりお話できなかったのですが 話しかけて下さって とても嬉しかった。
着ていたワンピースが似ていて、私は妊婦みたいだったけれど、
さちさんはほっそりとお綺麗な方だなぁと思っていました。

地元のお子さん方も常連さんの方々も 楽しんで作ってくれました。うれしい、、
姉もきてくれました。遠くからありがとう。

こちらは『 飛ぶ魚』のオーナー、作田さんをはじめ、プログループ。子どもの本に携わる本業の方々が真剣に夢中で作っておられました。
『100かいだてのいえ』のいわいとしおさんや 『トマトさん』の田中清代さんも5、6年ぶりに再会して感激。
みなさん さすがの発想力でした。

湯河原のお話会のみなさん、みなさん笑顔が優しくて ありがたかった。



『ケイゾウさんは四月がきらいです』作者の市川宣子さん。再会できて嬉しかったです。感謝でした。
1ページ毎に違う人が作るので 奇想天外に進展しますが たのしくうまい具合に出来上がり!


『こぶたのプーちゃん』でお世話になった、こどものとも年少版の元編集長 
井上博子さんもお越し下さり、一緒に作れるなんて懐かしくて幸せなひと時。
凄腕編集者さん方々も皆様楽しんでもらえたなら嬉しいです。
難しい場面は 簡単に作ってお隣へ、
私まで楽しんでしまいました。

楽しいWSになりました。
みなさま、わざわざお越し下さり、
本当にありがとうございました。




0 件のコメント:

コメントを投稿