2017-08-19

さとうあや 原画展のお知らせ

2017  9/8〜 10/13  (金・土開催)

さとうあや展 


「ようふくなおしのモモーヌ」片山令子 さく  

(のら書店刊)


「ぴりかちゃんのブーツ」(福音館書店 9/25刊行 )

(初めてのオリジナル絵本ができました!

このタイミングで完成できた事、

展覧会を刊行と同時にさせていただける事に

感激 、感謝です)

真鶴のカフェ・ギャラリー

『飛ぶ魚』にて 原画展を開催いたします

9/9 土曜日はワークショップ

「アコーディオン絵本を作ろう!」と

サイン会が PM2:00から4:00まであります。

是非ご参加ください。

ご参加下さる方は

直接『飛ぶ魚』へご予約お願いいたします*

海が見える素敵なカフェギャラリーです!














2017-08-14

鶏たちとアメちゃん

仕事の合間 アトリエの隣に住んでる猫と鶏に餌をあげに行った。
お隣さんは帰郷中で留守中のごはんを頼まれました。
嬉しいのか 皆んなコッココ ニャーニャー  べったり離れない。
鶏たちもかわいい、、
外に放つと 一斉に草を食べだした。
30分後ちゃんと庭に戻っていた。
猫のアメちゃんは私が帰るとき 
バックミラーで見ていたら
車が見えなくなるまで見送ってた。
後ろ髪引かれました。








2017-08-09

ヴァージニア・リー・バートン 原画展


ヴァージニア・リー・バートンの

ちいさいおうち展に行きました

原画やサラサラと描いたスケッチ、

デザインされたテキスタイルもまるで神業

美しい生活や人生が 作品に凝縮されてるようでした

年老いた息子さんは

『母は何でも学び尽くす人…女神のような人』と言ってました





















2017-07-30

自転車を走らせボローニャ絵本展 へ

姉から熱烈なお誘いがあり
急遽 板橋区立美術館へボローニャ絵本展を観に行きました 
編集社さんから入場券をいただいていたのです
車に自転車を積んで藤野から
高速で姉の家へ
着いたら 一緒に自転車で6キロ半
どこまでも平地って楽ですね

平地 自転車が気持ちいい


到着!
この美術館、来年は改修工事だそう
記念撮影




スティーブンさんの講演会
楽しかった
好きな事を追求して 絵本を作り
デザイン学校の先生もされている 
お洒落なお方でした
子どもの頃から グラフィックの印刷物やディズニーアニメが好きで
イラストやグラフィックをどうしても仕事にしたかった
と言うのが印象的だった







入選作品は素晴らしく
どの国の人も高いレベル、民族性とか
国境の垣根が無くなったみたい
みんな上手くて 情熱を感じました
凄いなーと感心しきり
私も即 家に帰り描きたくなりました

ん、と気になって見ると
スペインかフランス
日本の作家さんも



帰りも自転車6.5キロ
姉の家で休んでから
また車を走らせ高速に乗り
息子の夕飯に 大和家の餃子を買って帰りました

気持ち良い休日
姉とサイクリング 23年ぶり?でした🌟









2017-07-29

土曜日 仕事の合間に


息子の散髪に付き合った
行きつけご近所の美容室へ

20代の頃 男の子が床屋へ行く絵を描きました
息子が7歳くらいだったか
床屋で初めて髪を切った時
その絵と同じだった
キラキラした目  ニッコリ嬉しそうに笑ってた
一緒に2ヶ月間旅をした沖縄や
福山でも床屋に行った


今はあまり笑わなくなったけど
一瞬ニヤッキラッとしたのを
母は見逃さなかった

床屋に行くとその時々の成長を思い出す



夜は 百笑の台所 結びの家で
「星の王子様」の公演をみた
遠藤百華さんの声 歌と演技
透明感溢れて 美しいの一言に尽きる
天使の歌声です 
お父さんも癒しの歌声の胡弓奏者
ミュージシャンです
女優を目指す20歳のお嬢さん
芳晴さん さちえさんとシモシュのピアノ
ご家族で 素晴らしい公演でした*


蓮の花


4日前に咲きました
雨の日で
少しだけ口が開いてた
不思議な香り

良い週末を*
明日は都内へ行きます




2017-07-28

15刷 18刷




『バレエをおどりたかった馬』15刷目『ネコのタクシー』18刷目(どちらも福音館書店刊)が届きました。
馬さんは単行本挿絵の初仕事。
長い間親しみ、読んでいただき 嬉しいです。ありがとうございます*


昨日は9月に出る絵本の
再校を確認しに行きました。
全てに感謝です。凡そうまくいったと思います!
次の仕事にとりかかって
頭の中はまたもや
毛むくじゃらのいきものたち。
ともだちがたくさん賑わってます









2017-07-25

蓮の花

今年も蓮の花の蕾が膨らんできた
スクスク伸びて3.4日でぽんっと膨らむ


花が開くかと 早起きをしてしまった
蚊のおかげだけどね
ヒグラシが大合唱して
ブンとシンちゃんは 朝からにらみ合い
みんなそれぞれの世界で
新しい1日が始まった
金星が光ってる

2017-07-21

今日のこと 昨日のこと

今日は 京都丸善ジュンク堂書店
「月イチ賢治の会」で
セロ弾きのゴーシュ朗読会

松田さん 、ミキハウスの佐藤部長
ジュンク堂の高木さん
そして、集まって下さったお客様

ありがとうございました!

この日のためにサイン本30冊描きました


昨日は地元で
とっても嬉しい事があった
神さま 精霊たち ご先祖さま
そして、何よりKさん。
ありがとうございます 
何度か空を見上げて 祈りました
アトリエでじーんと涙が滲んだ
一歩前に進める   感謝です*
でもそのためにも
仕事が大事 
これからも毎日  
絵を描いていこうと思います‼︎  












2017-07-18

手紙舎セカンド とタビラコとエルメス


大きな青い絵が気持ちよかった

ホロホロ牛肉とオレンジの煮込み  急いで食べた

タビラコのパフェ 色んな味が楽しめます。ムースやアイスやゼリー お豆 フルーツ 凄く美味しかった♪



昨日は手紙舎へ山口一郎君の絵を観に行った

umieさんに居るような海風を感じました

それからタビラコさんで待ち合わせ

ヒーラー  宇宙(人)梅話など

楽しいお喋りはあっという間に過ぎて

その後エルメスで「ひそひそ星」を観ました

帰り新宿改札で会いたかった友だちと偶然会った

1時間ばかりまた星の話をして帰宅しました

いい休日でした





2017-07-16

絵本の初校



9月に刊行する絵本の初校が上がり 

色と文を直しました。

読み返しフフッと力が抜けました。

締め切り前は怒涛の日々だったのに 

全く感じさせないのはなぜ。

とってもシンプルです。


2017-07-12

ランドセル名作のねこ

オリジナル絵本に続いてランドセル名作

描き終わりました! 

持久走で最後に全力疾走した

力尽きた感じですが まだ他の仕事が終わってないのでやります

「長ぐつをはいたねこ」は8月に刊行

オリジナルの絵本は9月に刊行します


ペローの「長ぐつをはいたねこ」  表4



2017-07-08

昨日のこと


編集者さんが原稿を受け取りに来て下さいました
一緒に隣街のハシドイで
珈琲カレーを食べました
すごく可愛らしくてしっかりした
頼りになる編集者さんです
私は甘えてばかり
今日明日寝ずにがんばります





2017-07-05

うれしいこと

今日はもう寝ないとね  3時半起きだから
ツイッター  昨年は20回位しか見なかったけど 最近呟き始めた
さっき見たら  
いいことがあった
24年位前に  できたらいいなーと思った事
実現したらいいな
ささやかーな 、 私にはかくべつ嬉しい事があったから
これからツイッター開けてつぶやこう
今日の呟きは
今の仕事が終わったら 城ヶ崎の静かな温泉で
一日中好きな作家の読書三昧
あーたのしみ♪


(7日前のブンと梅 )絵本原画完成



一昨日原画を編集者さんにお渡ししてきました。やっと完成  
ドキドキ。。
まだ2日後の締め切りがあります。
一息つけないけど
編集者さんに感謝です。







2017-06-26

7日前の話




梅もぎに行きました
朝2時間だけ
整備を頼まれたビオ梅部のツッチーが誘ってくれました
副産物なのですが
今年も梅シロップ作りますー*
風邪っぽい、、、治れ治れ
こんな時 18時に帰宅して
豚キムチ丼作ったのに
半分も食べない息子にプチ切れそうー
お菓子置くのやめよう
静かに「明日からは私は夕飯作らないよ」
宣言してきました♪
プロポリスのんで夜の部開始

2017-06-25

独り言


夕飯作ってから仕事に戻り
さっきアトリエから帰宅しました
1つ1つ丁寧に描いていたら
いくら時間があっても足りない
時間かかる
締め切りがなければいいのに
無いと終わらない気もするけど
おやすみなさい

2017-06-17

オリジナル絵本


初のオリジナルの絵本を

仕上げているところです  


何匹ものねこが登場しほっこりするお話

ウチのブンらしきネコも登場します

15年ほど前にラフを描いて眠らせてました
 もっと前かな   

9月20日に刊行

楽しみにしていてください

まだ描き終わってないので

がんばります*


時間よゆっくりゆっくり流れよ!


この次もオリジナルが待ってます

ラフは完成して あとは本描きのみ!

次の次も その次も  あれれ  ありがたい

暇なしです、、感謝です  

とばしていくよ*








太陽

LE  MONDE  ANCIEN
ギリシャ的抒情詩     西脇順三郎

太陽

カルモジインの田舎は大理石の産地で
其処で私は夏をすごしたことがあった
ヒバリもいないし 蛇も出ない
ただ青いスモモの藪から太陽が出て
またスモモの藪へ沈む
少年は小川でドルフィンを捉えて笑つた


















2017-06-16

きんようび

本日描き終えるはずの絵が
終わってない
机に飾ってる絵が がんばれーっと言ってるような
アメリカで描いたアメリカ国旗だそう
3年経ってうちに届いた






 起きて 
家事して
絵を描いて
食べて   
絵を描いて
絵を描いて
家事して
お風呂入って
ブンとバタンキュー

起きて

繰り返し
繰り返し
繰り返し

も一回文を読み直そう



今日はまだ
絵を描いて、のところ
瞬く間に1日がすぎる
9時半までに終わる!かな

思いもかけず励ましメッセージが
とどいて
やる気むくむく   うれしい  


半年が
1年があっというまーーー

ねこもいないアトリエで



紙の本

古い本の魅力に弱く
重いし  増える一方
家は狭く
本棚もパンパン
行き場もなく少しアトリエに持って来たけど
アトリエは4.5畳 。。机の下に棚必要
描き途中の絵が全体に広がっています
写真は たまたまアトリエにあった本
デジタル化が普及しても 
紙の本は別の価値がありますね
画集とか絵本 小説  詩集 宝物本は
紙の本で持っていたい

けど夏は断捨離します!
今後の人生 大切にできるか必要か
必要でないか 
本も一掃しますー


2017-06-15

人魚たち

人魚( セイレン)たち   


人魚たちよ、

僕に知ることができるのか

夜の沖で嘆き悲しむきみたちの、

あの物憂げさの原因を?

海よ、僕も君と同じ、

仕組まれた声で一杯だ

唄くちずさむ僕の船、

名づけてその名は歳月号



apollinaire








物騒な世の中だわ   

でも 落ち込んでもいられない


時間に追われて  大事な事を疎かにしてない?

会いたい人のお誘いも断り

ひたすらアトリエに篭っていて

いいのか

いいのだ!  

わたし  

やっと  わかってきた

描いてる子たちの命が輝きだすと

ウレシイ

天空にいる神たちに祈ろう  すべてがうまくいきますように

みんなの元気と安全と

この物語  締め切りに間に合いすべてが仕上がると!

ブンは今頃小鳥を狙ってる

わたしは今日の仕事に集中します



クロネコヤマトさん

いつの間にか夏みたい
昨年もそうだった


今日は
朝イチで車を隣町まで走らせ
クロネコヤマト営業所に持ち込み
セーフ
クロネコヤマトさんには本当に感謝しています
ドライバーの方もみなさん感じいい人ばかり  
もう クロネコヤマトさん無しでの
山奥生活は考えられません
不在配達撲滅運動ひとりでします
時間 エネルギーと労働力 
色んな意味で無駄ですもの
山奥だし、、アトリエ行き来するし
気をつけなくては
無事に着いたみたいで一安心


ニャン
寝よう  
弱音ではなく
身体がくったくた
明日はTGV並みにとばさないと!


「天にまします」

天にましますわれらの父よ
天にとどまりたまえ
ぼくらは地上にとどまります
地上は時にはすてきです
ニューヨークの不思議
パリの不思議
三位一体に勝るとも劣りません
ウルクの小さい運河
万里の長城
モルレーの小川
カンブレーの薄荷糖
太平洋
チュルリーの二つの泉
いい子とわるい子
この世のすばらしさのすべてが
地上にあります
そっくりそのまま
すべてのひとのために
いたるところに
ばらまかれています
裸のかわいい娘が 裸を見せまいとするように
すばらしさに 自分でもうつとり
けど知らんぷりをしています
また  この世のぞつとする不幸もある
それは軍隊
その兵隊
拷問係
支配者
大僧正   ペテン師   乱暴者
めぐる季節
ながれる歳月
きれいな娘とマヌケ野郎
貧乏の藁は大砲のなかで腐つて行くのです


Jacques  PREVERT  
訳者  渡部兼直


 ジャック・プレヴェールをよく知っていたフランスの老婦人がこう言ってたとか

「詩はトイレットペーパーに書くんだ」と茶目っけいっぱいで、南仏の町でワインを飲んでいたそう

おやすみ⭐


2017-06-14

オディッセアス エリティス

天国でわたしは一つの島の地図を描いた

おまえそっくりな島、海の中の一軒の家


大きな寝台があり、小さな門がある

わたしは深淵に一つの声を棄てた

毎朝起きるたびに自分を見るために


水の中をゆくおまえの半分を見るために

そして残る半分について天国で泣くために




エリティスの詩は

まるで地上の宝石

翻訳もすばらしい

ギリシア語で読めたらいいのに

高揚して 無垢な美に包まれる

海と太陽と大地 夏のかおり


でも


愛する人の肉声やメッセージには敵わないか…!

2017-06-12

Elytēs Odysseas 2001年に出会った詩

『モノグラム』オディッセアス・エリティス

わたしは嘆きつづけようーーお聞きーーおまえのことを
ただ一人、天国で

おまえのことをわたしは話そう

おまえを愛し、愛の中にいるから
わたしは知っている、満月のように
どこへでも入ってゆくすべ、広いシーツの間におまえの小さな足をみつけ、ジャスミンをむしるすべをーーわたしには力がある
眠っているおまえのもとにいき、軽々と運び出す
月光の道へ、海の秘密の回廊へ、
催眠術をかけられた木々と銀色に輝く雲の巣へ

波はおまえのことを聞いている
おまえがどう愛撫し、どう口づけするかを
「なあに」と「え」をどんな風に囁くかを
湾の入り口をめぐって
わたしたちはいつも光と影
いつもおまえは小さな星  いつもわたしは暗い船
いつもおまえは小さな湾 わたしは右手に見える灯台
濡れた防波堤  オールに宿るきらめき
上の方、葡萄棚のある家
たばねられたバラ、冷えていく水
いつもおまえは石の彫像  いつもわたしは伸びてゆく影
なかば閉じた鎧戸はおまえ  それを聞く風はわたし
おまえを愛するから
いつもおまえは通貨    わたしはそれを讃嘆と交換するーー

これほどの夜、この強風の騒ぎ
この風の中の小滴、これほどの静けさ
われわれをめぐる専制的な海
星をちりばめた天の穹窿
かくもかそけきおまえの吐息
以外にわたしは何1つ持たない
四方を壁に囲まれ、天井と床の間で
わたしはおまえゆえに叫ぶ  その声がわたしを打つ
わたしがおまえの気配を感じると人々はおびえる
ためされたことのないもの、よそから来たものに
人間はたえられない、だから、お聞き
それらはこの世界にはまだ早すぎるのだ、恋人よ

おまえのこと、わたしのことを話そう


















この詩は普遍的な香り
ロマンを感じる好きな詩です
16年も前に初めて出会った
夜と朝に
素敵な夢をみました
またみれたらいいな*

2017-06-11

サイン本

宮沢賢治 「セロ弾きのゴーシュ」
サイン本30冊ご依頼受けました
描いてます
本文に登場する猫とは
ちょっと違うかな?
今日は アレとコレを仕上げます。


ミキハウスのセロ弾きのゴーシュを
ぜひ 。よろしくお願いいたします。

イベント用のサイン本なので
後でお知らせいたします!


2017-06-10

le jardin

ジャック・プレヴェールの詩
特に好きな詩は
かたつむりご夫妻…
と何年か前に書いたけど
今日は晩まで仕事漬けのいちにちだったから
甘く爽やかなもの。
訳者によって違うけれど

「庭」

何千年でも、何万年でも
足りやしないだろう
あのほんの一瞬の永遠を
語るためには
きみが僕にキスをして
僕がきみにキスをした
あの時
冬の光のあふれる朝
パリのモンスーリ公園で
パリで
この地球上で
この地球、それは宇宙の一つの星
    









2017-06-08

酒と魚と

藤野の美女たちと(車中ウットリ)
買い出しに行きました
夕飯の魚とお酒を! 
ほとんどアトリエに篭りきりだったから
息抜きになりました
みんなありがとー*
ホニャラカさんのクレマンとルイジュリアンでみんなヨパライ
藤野は人が最高なのです
後は月末まで突っ走ります‼︎
誰にも会えませんーーーー

ブンは鯛と鮪をシャリシャリ音を立て平らげました














2017-06-03

日常

今朝 バラの陽当たりを考えながら
庭掃除をしていたら
ブンは米袋の上でうつらうつら
ブンはいいよなぁ
柘植の木に来たオレンジ色の野鳥をジッと目で追い  野良猫を追い払い
また寝始めた
車検で1日ぶりに車が戻って来た
12万5000キロよく乗った
まだまだ走るそう
息子を迎えに行き 
10:30からアトリエに篭って仕事
紙が切れた (たくさん買い置きはあるものの…やはりコレがいい。。)絵の具も
買いに行かねばー
明日も仕事
明後日はお楽しみがあります



2017-06-02

ブンが来た日 2014.Nov







2年半前のラクガキを見つけました
ブンは うちに初めて来た日
お布団で熟睡しました

次の日

そのまた次の日も



2017-05-31

ピエールさん咲いた


ピエール ド ロンサール 
何年も咲かず小さな苗に縮んでいき
もうダメかと諦めてた
そんなバラが雑草の陰でひっそりと咲いてた
アルテミスや サハラなど他のバラが咲いて そちらにばかり気がいってた
自分の命を繋ぐため懸命に太陽の方へ顔を向けて

自分の美しさを知ってるのかしら





2日後もまだ咲いてる
ブンがゴロン






2017-05-28

前川さんの展覧会 と 講談社へ

dee's hall 前川秀樹・像刻展
「月の居ぬ間に」2017.5.23〜5.30火
木曜日に前川さんの作品を初めて観ました
たくさんの作品が静かに並んでいました

存在感が強い  意志を持っているかのよう
ウチに置くとしたら
全ての物を処分しないとです





すごく魅力的な3体
綺麗でした









12:00〜20:00
日曜日と最終日は18:00終了
青山3-14-11 「表参道」A4出口徒歩3分






その後 打ち合わせをしてから
講談社文化出版賞授賞式に
お誘いいただき お邪魔しました

絵本賞を受賞された青山邦彦さんの二次会までも  !  
「大坂城」(大阪 ではないのでした)は3年かかった大作です
素晴らしい絵本  中を開いてびっくりです
1度手に取ってご覧ください
建築を学ばれて 建築家から絵本作家になられた青山氏しか描けない絵本です
フリーハンドです  

たくさんの編集者さんや
一昨年絵本賞を受賞された石川えりこさんや
きむらゆういちさん にお会いできました
前にお仕事ご一緒させていただいた
もとしたいづみさんにもご挨拶できた
緊張感溢れる一日でした
ビール一口しか飲んでないのに
頭の中が更に 真っ白
おかしな事を口走っていたに違いない
でも楽しかったです
あべさんに絵の批評をしていただけました   ありがとうございました!
北海道へ遊びに行きますね

今日はアトリエ泊まり仕事です

母仕事も
昼と夕飯作りに帰らないとー
私の時間以外よ今日だけ止まれ


コヤバラちゃんがくれた 自家製文旦のお菓子
とってもおいしい!